倒産経験社長の実体験ブログ

経営していた会社が20☓☓年に経営破綻。負債3億円以上で会社は破算で個人も自己破算、そんな倒産を体験した元社長による実話ブログです。倒産前から弁護士介入、裁判、免責許可までの手続きの実体験、流れや出来事、生活の様子などなどを綴ってます。なお、倒産体験はほぼ書ききってしまったため、最近では好きなドラマの感想を勝手に綴ってます。

スポンサーリンク

2)倒産(弁護士介入前)-①融資・銀行

コロナの恩恵と1年後

資金繰り改善 色々とネットサーフィンしながら経営関連、資金繰り関連のブログなどを見ていたら、今回のコロナ対策によって、平常時では融資が厳しい状況でも、割と高確率で融資を受けられているという記事を多く目にしました。 私はすでに倒産して第二の人…

攻めの融資と守りの融資

倒産の話には「借入」は付き物ですね。「倒産」と「借入」は切っても切れない関係であり、ビジネスにおいて「融資」や「銀行融資」と言えば綺麗ですが、要は「借金」ですよね。会社にとっては一度やったら辞められない「麻薬」みたいなものです。 倒産経験者…

銀行に見捨てられた時

今回のタイトル、前回の「銀行に見捨てられる時」と1文字違いです。前回は「見捨てられる時」、今回は「見捨てられた時」です。実際、見捨てられた時の事や、心境、絶望感、覚悟、開き直りなどを書いてみたいと思います。 このブログを読まれている方には、…

銀行に見捨てられる時

無借金経営が出来るに越したことはありませんね。私自身も、自己資金で独立してからは、しばらく銀行融資もなく経営していました。しばらくと言っても、3年、4年ほどでしょうかね。まー、小さな小さな会社でしたので、銀行からの融資自体、全く考えた事もな…

銀行リスケすると取引先に知られるのか?

銀行リスケとは? 銀行借入れの返済内容の見直しの事をリスケと言いますが、経営者にとって苦渋の決断になります。リスケするような状況は、売上が落ち込み、つまりは毎月の返済が厳しい状況であり、資金も厳しい状況です。 リスケすれば、新規の借入は出来…

支払停止後の反応・対応 ~銀行以外~

逆の立場 10年以上経営していく中で、逆に取引先が倒産してしまう事も何度も経験してきました。売掛金があったケースも多々ありましたが、幸いにして10万円以下が多く、多くても20万ほどでした。 売上10億円規模の会社でしたので、特に特別なアクションはし…

支払停止後の反応・対応 ~取引先による様々な対応~

支払停止という一つの決断、まずは銀行から 倒産に至る過程において「支払停止」という決断があります。倒産ですので、通常は資金が足りなくなっている状態ですので、月末(支払日)の資金繰りが苦しくなっているのがほとんどと思います。 まずは銀行のリス…