倒産経験社長の実体験ブログ

私の経営していた会社が20☓☓年に経営破綻。負債3億円以上で会社は破算で個人も自己破算、そんな倒産を体験した社長による実話ブログです。倒産前から弁護士介入、裁判、免責許可までの手続きの実体験、流れや出来事、生活の様子などなど。当時不安で情報を探しましたが参考サイトはほぼ見つからず。そこでこのブログを作りました。経営危機の方や、倒産しそうな方、また中小企業経営者で倒産について知識として知っておきたい方、当時知らなかった事、知りたかった事、倒産にまつわる様々な情報です。質問相談なども受け付けます。

スポンサーリンク

2)倒産(弁護士介入前)

銀行に見捨てられた時

会社が倒産、連帯保証人である社長、私自身も自己破産、そんな倒産経験を持つ元社長の実体験、そしてその後の人生について語っているブログです。お越し頂き有難うございます。 タイトル 今回のタイトル、前回の「銀行に見捨てられる時」と1文字違いです。…

銀行に見捨てられる時

会社が倒産、連帯保証人である社長、私自身も自己破産、そんな倒産経験を持つ元社長の実体験、そしてその後の人生について語っているブログです。お越し頂き有難うございます。 中小企業と銀行融資 無借金経営が出来るに越したことはありませんね。私自身も…

倒産前の注意点

会社が倒産、連帯保証人である社長、私自身も自己破産、そんな倒産経験を持つ元社長の実体験、そしてその後の人生について語っているブログです。お越し頂き有難うございます。 倒産前の注意点とは何ぞや? 実際、いざ倒産へ・・・となってしまった場合、通…

倒産後の流れ(2)

会社が倒産、連帯保証人である社長、私自身も自己破産、そんな倒産経験を持つ元社長の実体験、そしてその後の人生について語っているブログです。お越し頂き有難うございます。 前回のブログからの続きです。 管財人選定 さて、各種資料の作成も進んでくると…

倒産後の流れ(1)

会社が倒産、連帯保証人である社長、私自身も自己破産、そんな倒産経験を持つ元社長の実体験、そしてその後の人生について語っているブログです。お越し頂き有難うございます。 倒産後の流れ 詳しい内容、細かい内容、専門的な内容、これはもう多くの弁護士…

会社倒産・破産の相談。って誰にする?

倒産の可能性を少しでも感じたら 長年、中小企業を経営していると、「今月ちょっと資金繰り厳しい?」なんて経験はあると思います。もしも10年以上経営していて、特に起業社長の場合、「今月やばいかも?」なんて経験が1回もないような社長様がいらっしゃっ…

Xデイ<債務不履行日、弁護士介入日>に何が起こる?自宅に債権者が押し寄せるのか?(1)

XーDAYについて いつをエックスデイと呼ぶか、社員に通達する日でもあり、債務不履行日でもあり、弁護士介入日でもあり、色々ありますが、とにかく修羅場の日ですね。ここでは(1)債務不履行日 と、(2)弁護士介入日 に何が起こったかを書きたいと思…

倒産、破産に至る過程での「奥様・ご家族のケア」の大切さ② ~当ブログの意義~

こちらは 上記ブログ記事からの続きです。

倒産、破産に至る過程での「奥様・ご家族のケア」の大切さ①

会社閉鎖へ向けた慌ただしさ 今日の内容は、すでに会社存続を断念し、弁護士へ相談を始めた方、または既に破産手続きの準備をされている社長様に向けた内容です。 現在どの段階にあるのかにもよりますが、従業員への解雇通知や対応、支払停止による各債権者…

銀行リスケすると取引先に知られるのか?

銀行リスケとは? 銀行借入れの返済内容の見直しの事をリスケと言いますが、経営者にとって苦渋の決断になります。リスケするような状況は、売上が落ち込み、つまりは毎月の返済が厳しい状況であり、資金も厳しい状況です。 リスケすれば、新規の借入は出来…

倒産と孤独。社長という孤独な職業。

倒産と孤独、社長と孤独 社長とは孤独ですね。 もちろん、会社では社員がいて、役員がいて、表面上は孤独ではありませんが、会社を背負うという面では孤独です。業績が悪化すれば役員も必死に会社の事を考え、頑張りますが、でもほとんどの中小零細企業の場…

倒産の時 自宅に差し押さえに来るのか?

来ると言えば来る、来ないと言えば来ない来たと言われれば来ましたけど、来てないとも言える 良くテレビで見るような差し押さえあれは税金未納であったり、払え払えと言われ続けても払ってなくて、でも財産は持ってるという状況での差し押さえですかねさすが…

支払停止後の反応・対応 ~銀行以外~

逆の立場 10年以上経営していく中で、逆に取引先が倒産してしまう事も何度も経験してきました。売掛金があったケースも多々ありましたが、幸いにして10万円以下が多く、多くても20万ほどでした。 売上10億円規模の会社でしたので、特に特別なアクションはし…

支払停止後の反応・対応 ~取引先による様々な対応~

支払停止という一つの決断、まずは銀行から 倒産に至る過程において「支払停止」という決断があります。倒産ですので、通常は資金が足りなくなっている状態ですので、月末(支払日)の資金繰りが苦しくなっているのがほとんどと思います。 まずは銀行のリス…

消費税納税と社会保険納付を止めてみた結果

何を払って、何を止めるか、、、 いよいよ資金繰りも苦しくなってきて、ついに月末に全ての支払いをする事が出来なくなる月がやってきました。月末は給与、事務所経費(家賃、光熱費、WEB関連、警備、通信費等々)、仕入先への支払い、消費税(私の会社の場…

倒産・破産で、ヘソクリは没収されるのか?

景気の良い時のヘソクリ 私の過去最高年収は3,000万ほど、倒産時はコスト削減で500万ほど、今は・・・(涙) 景気の良い時は月に5万ぐらいのヘソクリも出来ますよね。銀行貯金、定期預金、積立とは別で、毎月のおこずかいから5万ぐらいを口座に入れずに貯め…

倒産と夜逃げ・倒産と自殺

倒産は人生の終わりではなく始まり 私が弁護士さんに言われた言葉です。 会社は倒産、破産、連帯保証人である代表者(自分)も自己破産、そしてちゃんとした手続きを経て「免責」を受ける。もちろん債権者様の他、多くの方にご迷惑はお掛けしてしまいますが…

倒産したら代表者の妻の財産は?

法人と個人(代表者)は「別」 法人が倒産、破産したとしても、個人(代表者)は破産する必要はなく、個人(代表者)の個人資産は守られる、というのが原則となっています。 ただし中小企業の場合、通常は代表者が銀行融資の連帯保証人になってますので、会…

倒産決断のタイミング

月末の資金繰りと危険信号のキャッチ まずは倒産リスクが高まった状態を、しっかりと経営者が把握しておく事が重要です。長く会社を経営していますと、資金繰りが苦しい時も何度も乗り越えてきた経験もあり、今回も大丈夫と思いがちになります。そしてずるず…

倒産にかかる費用

倒産費用について 倒産にかかる費用については、GOOGLE等で検索すれば、多くの弁護士様のホームページで説明されておりますので、調べればある程度把握できると思います。 大きく分けて、裁判所に払う費用と弁護士に払う費用が必要になります。負債額や債権…

資金繰り② ~身内・知人から借入は要注意~

(倒産前の資金繰り①の続きですので、①から読まれると更に分かり易いです。) 身内・知人・友人へ(お金の)相談をする時の覚悟と必要な知識 まず、身内・知人・友人からお金を借りたら、その後に倒産してはダメです。借りてしまった場合は、最低半年以上、…

資金繰り① ~倒産決断のタイミング~

倒産費用がある時に倒産手続きしないと大変です。 会社を長く経営していると、資金繰りが上手く回らなくなってくる時があります。しかし、経営者であれば間違いなく倒産は避けたいので、何とか踏ん張るように努力するでしょう。 実際に過去にも資金繰りに苦…