倒産経験社長の実体験ブログ

私の経営していた会社が20☓☓年に経営破綻。負債3億円以上で会社は破算で個人も自己破算、そんな倒産を体験した社長による実話ブログです。倒産前から弁護士介入、裁判、免責許可までの手続きの実体験、流れや出来事、生活の様子などなど。当時不安で情報を探しましたが参考サイトはほぼ見つからず。そこでこのブログを作りました。経営危機の方や、倒産しそうな方、また中小企業経営者で倒産について知識として知っておきたい方、当時知らなかった事、知りたかった事、倒産にまつわる様々な情報です。質問相談なども受け付けます。

スポンサーリンク

倒産社長と老後の心配



倒産後の人生とその先

倒産しそうな経営者の方、もしも倒産したらどうなるんだろう?と思ってこのブログに訪れる方、様々な方にお読み頂いておりますが、多くの方にとっての気になる事は、まずは「倒産したらどうなるのだろう?」という点だと思います。

倒産後の状況を詳しく書いている人など、この世にあまりいないでしょうから、その参考になればと思った事を色々と綴っています。幸い、倒産後の新たな人生、このブログでは第二の人生といった表現をよくしていますが、無事にその人生を歩みだせるようになると、その次に気になるのは老後の生活について、だったりします。

倒産後、再就職し、新たな経済基盤をまず確立し、何とか家族生活していけるようにと、ただただ頑張っていく事になりますが、その生活も落ち着いてくると、色々な事を考え始めます、気付き始めます。

家もなければ金もない

倒産したころは、どん底ですので、そもそも普通の人以下の状態。まずは普通の人と同じように生活出来る事を目指します。そして何とか仕事も落ち着いて、生活も安定するようになると、普通の人と同じ立場に戻った気になります。

でも、普通の人とは違うんですよね。まず「貯金が無い」こと。そして「家が無い」こと。例外はあるとは思いますが、多くの倒産社長は家を取られ、現金を取られますので、金も家もない状態です。

周りの同僚や後輩、年配の人であれば何十年もかけて貯えてきた預金があり、住宅ローンで今では誰でも買える家、マンションを持ち、若い子でも結婚してれば普通に自己所有の住まいがあります。が、私にはそれがない。そう、普通の生活を取り戻してホッとはしているものの、よーーく考えると、周りの人とは違うんですよね。うーん。まーそりゃそうですよね。

住宅ローンで再度持ち家を持つか?

ま、35歳ぐらいまでに倒産、自己破産であれば、破産して7-8年後に住宅ローンを組めば、まだギリ25年ローンぐらいで持ち家を持てる可能性もありますかね。残念ながら私はもっと年配ですので、あと数年でローンを組めるようにはなりますが、そこから住宅ローンとなると、、、組めるかどうかは微妙です。

そもそも、そこまでして持ち家にこだわる必要あるのか?って、そもそもそれもありますけどね。私の住んでいる地域ですと、新築マンションであれば3,000万~4,000万。一軒家でも似たような感じです。中古であれば1,500万~2,500万ぐらいでしょうか?

仮に20年の住宅ローンを組んだとして、中古2,000万ぐらいのを買うと支払総額で3,000万ぐらいですかね?1年で150万払うって事は、月額12-13万。これに固定資産税、20年住むとなると定期的なメンテナンス費用やら、結構かかりますかね。毎月のランニングコストだけを考えれば、普通に賃貸するのと変わらない気がします。

あとは、最後、老後に必要なくなって売る時が来るでしょうから、その時にいくらになるか?ですかね。建物は実質0円でしょうから、まー土地代ですかね。私の親も、今は家を売って、環境が整った老人向けのマンションに住んでいますが、当時5,000万ぐらいで建てた家が、最後は3,000万弱で売れてました。築40年でめちゃ高く売れたそうで、退職金と家を売ったお金、そして年金で、今は不自由ない老後を送っています。

私が今から中古の家を買ったとしても、そもそもそこそこレベルの家でしょうから、売る時もそこそこでしょう。今は子供がいるので大き目の家が必要ですので、買うとしても大きめの家、マンションになりますが、やがて子供が独立すれば部屋も余り、、、

って考えると、賃貸で、その生活状況に合った広さの家、マンションに都度移った方が、お得のような気もしてきました。ま、今は買いたくても買えないのでそう思うだけかもしれませんが、実際に買えるようになった場合、どっちにするのかな?とは思います。そもそも、会社経営で融資に散々苦しんできたので、ローンを組むこと自体もう拒絶反応しちゃってますが。

退職金と年金生活

周りの普通のサラリーマンと違う事、退職金が実質ないんですよね。一応、今の会社は退職金はありますが、いわゆる、例えば大学時代の友人で、就職してずっと同じ企業に勤めている人が多いですが、銀行だったり上場企業だったり、きっと退職金も数千万?はもらえるはずですよね。私の父もそうでしたし。

現役を引退する時に出る退職金、家を手放す時に得られる現金、そして年金もあって、老後もそれなりの生活は出来るのでしょう。私の場合、退職金は出たとしてもわずか、持ち家を手放して得られる現金もない。唯一、年金だけは、会社経営していた時もずっと厚生年金に加入していたので、それだけが救いです。ま、大手企業みたいな企業年金と比べれば劣りますが、国民年金だけと比べれば何とか。

中小企業とはいえ、厚生年金はかけておいた方がいいと、当時、会社を立ち上げた時は、企業の自己負担分も大きいので、厚生年金に入ろうかどうしようか悩みましたが、ちゃんとやっておいて良かったと、今さらながらそこだけは思っています。

さて、子供が独立するまであと10年以上もあり、たぶん教育費に追われて大した貯金も出来そうもない。子供が独立したーって時にはもう定年も近いでしょうから、大きな収入も見込めない。そんな中でその後の老後をどうすごすか?これ、課題ですよね。

月に10万円でも稼げるサイドビジネスや、このブログとかもそうですが、長年、時間をかけてコツコツと収入を得る仕組みを考えないといかんなとは思います。私の場合、社長時代のものは全てスパッと切っちゃったので、何も残ってないのですが、当時のルートを使った商売を細々と再開する選択肢もなくはないのかな?とは思います。

ついつい、今の生活の楽さ、サラリーマンの快適さにのんびりしてしまいがちですが、色々考えていかねばと、このブログを書いていて改めて感じた次第です。とりあえず毎月10万ぐらい、経営してた頃は毎月1億近く売上げていましたが、今は毎月10万が稼げません!ちょっと考えて行きます。

ご拝読、有難うございました。

人気ブログランキングに参加しています。同じようなカテゴリーのブログも沢山ありますので、以下、お時間ありましたら覗いてみて下さい。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金相談・支援(債務整理)へ にほんブログ村 経営ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ