倒産経験社長の実体験ブログ

私の経営していた会社が20☓☓年に経営破綻。負債3億円以上で会社は破算で個人も自己破算、そんな倒産を体験した社長による実話ブログです。倒産前から弁護士介入、裁判、免責許可までの手続きの実体験、流れや出来事、生活の様子などなど。当時不安で情報を探しましたが参考サイトはほぼ見つからず。そこでこのブログを作りました。経営危機の方や、倒産しそうな方、また中小企業経営者で倒産について知識として知っておきたい方、当時知らなかった事、知りたかった事、倒産にまつわる様々な情報です。質問相談なども受け付けます。

スポンサーリンク

倒産前の注意点

会社が倒産、連帯保証人である社長、私自身も自己破産、そんな倒産経験を持つ元社長の実体験、そしてその後の人生について語っているブログです。お越し頂き有難うございます。

倒産前の注意点とは何ぞや?

実際、いざ倒産へ・・・となってしまった場合、通常は弁護士事務所へ相談し、手続きなども含めて弁護士さんへ依頼する事になるでしょう。私もそうでした。

が、弁護士事務所に相談したところ「え?それはやったらまずかったですね」とか「あっ、それはダメなんですよ」とか、弁護士へ相談する前ですので知識もなく、やってはいけない処理をしてしまっている可能性は十分に考えられます。

そんなこと言われても、、、知らないし。っていうのが本音ではありますが、でもでも、何を言おうが主張しようが、いずれ対峙するであろう恐ろしき管財人様には、容赦なく痛めつけられます。って、別に管財人が悪い人って意味ではないんですけど、それが管財人の役割なので、真っ当に仕事をしてるだけなんですが。

例えば良くある例としては「最近、親に結構な金額を借りてしまっていた」とかですかね。もうこれは返せないので。倒産前に会社に残ったお金で返しちゃおうとか?それもう「犯罪」ですのでご注意下さい。犯罪かつ免責も受けられない(借金ゼロにならない)とか。でも、知らない人にとっては、知らないので。

そう、優先弁済と言って親だけに借金を返す事は、一部の債権者への優遇みたいな事になるのでNGなんですね。全ての債権者は平等に扱わなければいけないという。そういう私もやってしまっていたんですが。。

 優先弁済については、以下でも書いてますので参考までに

 

例えば万引きとかの窃盗罪や、暴行やら殺人やら、こういうのは犯罪と分かっててやる犯罪ですが、犯罪と知らなくてやってしまっても、それも同じ犯罪ですので注意が必要というか、破産、倒産の可能性が少しでもあれば、知識として事前に知っておかないといけない点だと思います。

そんな注意点をいくつかご紹介いたします。

 

破産犯罪

これは「破産犯罪」というそうです。ウィキペディアには「破産手続による債務者の財産関係の清算の公平・公正を害する行為」と書いてあります。詳しくお知りたい方は、「破産犯罪」でググってもらえれば、弁護士先生などのページで書き方は固いでしょうが、解説してると思います。

まーでも細かく読んでみると、管財人をわいろで収賄したらとか、管財人や裁判所からの質問回答を拒んだらとか、嘘を答えたらとか、嘘の書面を書いたらとか、そういう当たり前の記述も多いですね。

と読んでて思いましたが、いわゆる黙秘権というのはないんですね。まー黙秘しても何も解決しないので意味ないですが、説明を迫られたら全て真実を話さなければいけない、話さないと犯罪って事になるみたいです。

ま、でも、実際には、ペラペラしゃべっても意味がないので、必要な事だけ端的に答えるのがいいと思いますけどね。

具体的な注意点

では本題ですが、具体的にどこに注意すればいいのか?
基本的には「優先弁済」が一番やってしまいがちなので注意ですね。身内にだけ返すとかは危険です。もしも返すのであれば、破産手続きをする1年ぐらい前に返済しておくのが無難と思います。一年前であれば、あの時は破産するとは全く考えてなかったという言い訳も通用するでしょうし、そもそも突っ込まれない可能性もあるでしょう。

あとは破産直前の借入れにも要注意です。最後の方は、銀行にも色々融資をお願いしたりする事になると思いますが、もしもどこかの銀行が融資を実行してくれたとしたら、しばらく倒産は我慢です。とりあえずその融資で今月、来月は凌いだけど、2か月後また資金が苦しくなり倒産、破産、となってしまったら、これはNGになる事が考えられます。「倒産するのに借りたの?」って事で「詐欺」と考えられるそうです。

つまり、返せる見込みがないのに借りたという事で、同時に破産時の借金も増えますので、他の債権者が得られるはずだった分配金も減る事になります。

また直前に貸した側からすると、ほとんど返済もされてなく、破産に対して「異議申し立て」をしてくる可能性もありますかね。そしてさらには、その借り入れ分だけは免責からはずされる可能性もあるかも?つまり破産して借金ゼロになるはずが、その分の借金は残ってしまうという事です。

ケースバイケースではありますので、あくまでも一例です。
倒産の可能性が少しでもあるのであれば、こういった知識は事前に調べておいた方が良いと思います。ここで私が詳しく解説する立場ではありませんので、あくまで「事前に調べて下さいね!」というアドバイスまでにしておきます。専門的な事は専門家、または専門家のホームページなどをご覧いただくのが良いと思います。

実際、私も、あー事前い知っておけば良かったな!!!ってことはいくつもありましたので、経験からの、後悔からのアドバイスでした。

ご拝読、有難うございました。

人気ブログランキングに登録しています。同じようなカテゴリーのブログも沢山ありますので、宜しければどうぞ!

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金相談・支援(債務整理)へ にほんブログ村 経営ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ