倒産経験社長の実体験ブログ

私の経営していた会社が20☓☓年に経営破綻。負債3億円以上で会社は破算で個人も自己破算、そんな倒産を体験した社長による実話ブログです。倒産前から弁護士介入、裁判、免責許可までの手続きの実体験、流れや出来事、生活の様子などなど。当時不安で情報を探しましたが参考サイトはほぼ見つからず。そこでこのブログを作りました。経営危機の方や、倒産しそうな方、また中小企業経営者で倒産について知識として知っておきたい方、当時知らなかった事、知りたかった事、倒産にまつわる様々な情報です。質問相談なども受け付けます。

スポンサーリンク

JNBデビットカード申込手順解説

ジャパンネットバンクデビットカード申込手順

前回のブログの続きですが、申込手順は単独記事が良いと思いましたので、こちらの記事で分かり易く解説する事にしました。破産者の味方「デビットカード」を申込みしてみた手順、経過を書いていきます。

 

申込みページの表示

①「JNB デビット 口座開設」にてググると、1番上に申し込み案内のリンクが出てきますので、そちらをクリックします。

 

JNB デビットカード 申込 - Google 検索

 

検索結果(↓)

 

 20180509152952

 

②クリックして以下ページが出てきたら「今すぐ口座開設」をクリックします。

 

20180509152949

 

リンク先によっては上記ページ以外の通常のJNBのページへ飛ぶこともありますが、その際は「口座開設(Visaデビット申込)」というリンクがありあすので、そちらをクリックします。

その場合は以下のページが出て来ると思います。

 

 20180510154042

 

この場合は、左側の「申し込み」をクリックして進んで下さい。

 

必要事項の入力

③口座開設画面が出てきますので、必要事項を入力します。

 

20180509152946

 

カードは2種類から選ぶことが出来ます。
私の場合、Tポイントカードを持っていなかったので、ファミマカードタイプ(Tポイント機能付)を選択しました。(上記画像の右側)

 

続いて


20180509152943 

 

本人確認資料の書類送付方法を選択」項目で「スマートフォンアプリ」(上記画像の左側)を選択すると、本人確認書類の送付をアプリ上で写真で行えるため、カードが届くまでの時間も早く、お勧めです。

全て入力したのち、申し込みを完了すると、以下のように受付番号が表示されますので、そちらをコピペでメモしておいて下さい。

 

20180510154046

 

続けてスマホにて口座開設アプリを入手します。

iPhoneの場合は「App Store」にて「JNB」で検索すると、三番目ぐらいに「口座開設」アプリが出てきますので、ダウンロードします。

⑤アプリを開くと「口座開設情報を入力済の方はこちら」と「これから口座開設のお申し込みをされるお客さま」の2つを選択する画面が出てきますので、「口座開設情報を入力済の方はこちら」を選択します。

⑥すると「お申込情報のご入力」画面に移ります。
先ほどPCで表示された受付番号、氏名等を入力します。

⑦「本人確認書類の選択」画面が表示されます。
運転免許証をお持ちの方は運転免許証で、持っていない場合は健康保険証(カード型)、マイナンバーカードで確認が出来ます。

⑧運転免許証の表裏を撮影します。指示通りカメラを開いて表、裏と順番に撮影すればOKです。その後、送信すると完了画面が表示されます。

 

以上で口座開設及びデビットカードの申込が完了となりました。
あとはカードとトークンが届くのを待つだけです。


てっきり銀行カードと、デビットカードは別だと思っていましたが、「VISAデビット機能付」の「キャッシュカード」という事で、銀行カード兼デビットカードとしても使えるという事ですね。

口座開設に費やした時間は、私の場合は5分ちょい、10分はかからずに終わりました。
入力して送信、スマホでアプリダウンロードして写真撮影して送信、これだけです。

さて、破産者ですが無事に届くか(届くはずですが)、楽しみです。

→ すぐに届きました!
破産して困った事と言えばカードが使えない事でしたが、解決しました。