倒産経験社長の実体験ブログ

経営していた会社が20☓☓年に経営破綻。負債3億円以上で会社は破算で個人も自己破算、そんな倒産を体験した元社長による実話ブログです。倒産前から弁護士介入、裁判、免責許可までの手続きの実体験、流れや出来事、生活の様子などなどを綴ってます。なお、倒産体験はほぼ書ききってしまったため、最近では好きなドラマの感想を勝手に綴ってます。

スポンサーリンク

ドラマーTOKYO MER ~走る緊急救命室~ 第2話

TOKYO MER ~走る緊急救命室~ 第二話

2回目も良かったですね。
視聴率も第1回の14.1%から14.3%にアップと好調です。

ナイトドクターが13.9%でスタートして、10.6%→11.1%と推移しているのに比べると、数字的にも面白さ的にも2歩リードという感じでしょうか?

色々記事を見ていると、 鈴木亮平さんは「レンアイ漫画家の失敗で崖っぷち」ってどっかの無責任な女性ライターが書いた記事がありましたが、あれは 鈴木亮平さんのせいっていうか、どう考えてもストーリーやら脚本やらの問題でしょ!私も見てましたが、内容がひどくてかわいそうでした。頑張れ。

Tver の登録者数

Tverのお気に入り数は、1回目放映後の7月6日ごろにチェックした数字は「ナイト・ドクター」が456,516人、「TOKYO MER」が250,242人と、先にスタートした「ナイト・ドクター」がリードしてましたが、いま見ると、「TOKYO MER」が一気に406,792人にアップ、そして「ナイト・ドクター」が520,974にアップ、いずれもアップしてますが、「TOKYO MER」が一気に2話目で近づいてきた感じです。引き続きウォッチしていきます。

ストーリー

しっかしドラマの中の話ですが、大臣と秘書はクソですね。
ドラマですので大袈裟な脚本にしてあるんだと思いますが、クソっぷりが極端すぎて、あそこまで極端すぎるとやや現実離れしちゃいます。あーいう裏工作はこっそりやるのが現実的ですが、あそこまであからさまだと非現実感が出ちゃいますね。まー鶴見辰吾さん頑張って演じてます。

ストーリー展開ですが、まずは冒頭の鉄骨下での作業からスタート
あれはさすがに現実ではないでしょうってシチュエーション。落ちそうな鉄骨、せめて誰かがしっかり監視はしないと。要潤さん!隊長!って感じでしたが、落ちてきたけど大丈夫だったというベタな展開でした。

しかし喜多見チーフ(鈴木亮平さん)の処置の早いこと、的確な事、指示の出し方といい、滑舌の良さといい、出来る人って感じで素敵です。医療の事は分かりませんが、実際にもいらっしゃるんでしょうね。本物のドクターが見た感想を聞いてみたいです。

あと、喜多見チーフ(鈴木亮平さん)に仲里依紗さんがクレームを言うシーン。喜多見チーフのどぎまぎ感が、元夫婦って分かると「なるほど」って感じでした。おもろかったです。

第2話は、中条あやみさん演じる研修医「弦巻比奈」が現場を通じて成長して行くっていうストーリーでした。第1話に比べると個人的にはややベタなストーリー感って感じましたが、第3話以降は第1話みたいなハラハラドキドキ感を期待したいところです。

3話目以降、喜多見チーフ(鈴木亮平さん)の過去も明らかになってくると思いますので、そちらも楽しみです。

そういえば、Tverにてリモート記者会見

tver.jp

の映像を配信していますが、面白かったのでまだ見てない方いれば是非どうぞ