倒産経験社長の実体験ブログ

経営していた会社が20☓☓年に経営破綻。負債3億円以上で会社は破算で個人も自己破算、そんな倒産を体験した元社長による実話ブログです。倒産前から弁護士介入、裁判、免責許可までの手続きの実体験、流れや出来事、生活の様子などなどを綴ってます。なお、倒産体験はほぼ書ききってしまったため、最近では好きなドラマの感想を勝手に綴ってます。

スポンサーリンク

ドラマ―TWENTY FOUR― シーズン1ー第13話

シーズン1の第13話

シーズン1始まって以来、初めての一件落着がきましたね。すっきりしました。もしこれから初めてTEWNTY FOURを見るのであれば、この13話まで一気に見るとすっきり楽しめると思います。1話40分ですので、40分×13話=520分。8時間40分。ちょっと長すぎるか。

何はともあれ、無事にジャック家族が救出され、ミックもバスで無事逃げれたようで(あの状況でバス代、持ってたんかい)、こちらも一件落着。

ところで、今回ジャック・バウアーを操っていたテロリストのリーダーのゲインズ。吹き替え版の声優さんの声がプリズン・ブレイクのマホーン(ウィリアム・ファクナー)にそっくりで、同じ人かなと思って散々頑張って調べた結果、違う人でした。

ちなみに・・・
ケインズ(マイケル・マッシ―)の声優さんが中田和宏さん
プリズン・ブレイクのマホーン(ウィリアム・ファクナー)の声優さんが横島亘さん

そういえば、もともとはTEWNTY FOURは13話完結予定でスタートしたってどこかの記事で読んだことがあります。で、あまりに人気が凄かったので、24話まで延長になり、さらにはシーズン2、3と、シリーズ化していったという経緯だそうで、ジャック役のキーファー・サザーランドのギャラはマックス1話だけで5,000万にまで跳ね上がったという・・・まさにアメリカンドリーム

という事で、今回の13話で一見落着っていうのも、なるほどと納得出来ました。

パーマー議員の取り巻きのダークさ加減は半端ないですが、っていうかダメでしょ。それはさておき、14話からはシーズン1の次の展開へと進んで行きますね。