倒産経験社長の実体験ブログ

経営していた会社が20☓☓年に経営破綻。負債3億円以上で会社は破算で個人も自己破算、そんな倒産を体験した元社長による実話ブログです。倒産前から弁護士介入、裁判、免責許可までの手続きの実体験、流れや出来事、生活の様子などなどを綴ってます。なお、倒産体験はほぼ書ききってしまったため、最近では好きなドラマの感想を勝手に綴ってます。

スポンサーリンク

ドラマーTWENTY FOURー シーズン1ー第7話

シーズン1の第7話

あっちこっちで色々なシーンが同時進行している第7話

操り人形のジャック、息子とやりあうパーマー議員、脱出を試みるキムとミック、大男をやっつけちゃう現実離れしたジャックの奥さん、CTU内部でカードキーを擦り替えられて四苦八苦しているスタッフなどなど。

いいように操られてるジャック・バウアーにイライラ。そもそも、CTU内部カメラがハッキングされちゃうって、ダメでしょ。内通者がいるにせよ、国の機関の結構大事な中枢部ですよ。

そうそう、キムとミックの脱出に絡んで登場した男性。あのプリズン・ブレイクでちょっと頭のおかしいチャールズ役を演じた俳優のサイラス・ウィアー・ミッチェルです。 プリズン・ブレイクのこのチャールズ、結構好きでした。独特の世界観、役柄で楽しかったので、亡くなったシーンは悲しかった。

プリズン・ブレイクといえば、このTEWNTY FOURと並ぶ大人気ドラマですが、もう続編はないみたいですね。なんだか、主役のマイケルスコフィールド役のウェントワース・ミラーさんが同性愛者で、異性といちゃいちゃする役は演じたくないって、すごい理由だそうですが・・・

さて、いよいよ内通者が分かりましたね。ここからは、早く内通者に気づけよと思いながら見る事になりますが。ジャック・バウアーニーナに防弾チョッキを着せてたところはナイスでしたが、とりあえずジャック・バウアーのいいところが全くない第7話でした。8話に期待します。