倒産経験社長の実体験ブログ

経営していた会社が20☓☓年に経営破綻。負債3億円以上で会社は破算で個人も自己破算、そんな倒産を体験した元社長による実話ブログです。倒産前から弁護士介入、裁判、免責許可までの手続きの実体験、流れや出来事、生活の様子などなどを綴ってます。なお、倒産体験はほぼ書ききってしまったため、最近では好きなドラマの感想を勝手に綴ってます。

スポンサーリンク

ドラマーTWENTY FOURー シーズン1ー第3話

シーズン1の第3話

色々なシーンが展開されていきましたが、どれも中途半端と言うか、終わりのないというか、どうなるんだろう?のままの状態で終る1話でしたね。

今は一気に見れるので、すぐ4話を見れば済みますが、実際に放映中であれば、「次回はまた来週」とか言われちゃうと、悶々しちゃいそう。

逃げれるかキムのシーンと、ニーナがスパイ?のシーン、この2つがメインですかね。あとは割とどうでもいい、暗殺者がIDをGETするシーン、パーマー議員のシーン。

ニーナはね。今後、ながーく登場するキャラです。無事にスパイ疑惑が晴れたところは、第3話ではすっきり結論?が出たシーンとは言えますが。あとはトニーも徐々に登場回数が増えてきました。トニーもながーく今後登場するキャラですね。

とにかく、このドラマは「裏切り」が色々なところで起こるのが面白く、うわぁ、えぇ?みたいな。ま、テロとスパイのドラマですので、醍醐味の1つではあります。

ところでジャック達が働くCTUですが、WIKIに面白い解説が載ってました。
「警備員は格闘や銃撃戦では常に一撃で倒されており殆ど役割を果たしていない。」
そうなんですよね。警備員ほぼ雑魚キャラすぎて、いつも秒でやられちゃうんですよね。

ほぼ進展がなかった第3話でしたので、次の4話に期待しましょう。