倒産経験社長の実体験ブログ

経営していた会社が20☓☓年に経営破綻。負債3億円以上で会社は破算で個人も自己破算、そんな倒産を体験した元社長による実話ブログです。倒産前から弁護士介入、裁判、免責許可までの手続きの実体験、流れや出来事、生活の様子などなどを綴ってます。なお、倒産体験はほぼ書ききってしまったため、最近では好きなドラマの感想を勝手に綴ってます。

スポンサーリンク

ドラマーTWENTY FOURー シーズン1ー第2話

シーズン1の第2話

何と言っても飛行機を爆破してパラシュートで密入国した女。
やばいでしょ。
その目的が明らかになりましたね。

パーマー議員の暗殺者が、パーマー議員を撮影するカメラマンになりきって近づき、暗殺する計画ですが、そのカメラマンのIDを得るために、飛行機でカメラマンの隣の席に座り、仲良くなって財布を盗んでIDをゲットするのですが、IDをゲットしたらその飛行機を爆破させて、自分はパラシュートで降下、密入国しちゃうって流れですが、そのせいで何百人という飛行機の乗客が死んじゃうんですよ。。

確かに、分かるんですが、でもね。ID盗むのにそこまでする???(笑)
いくらでも盗むチャンスは他にあるでしょうにね。
まー、盗んだ後に届け出されたら困るし、パーマー議員の撮影に来られても困るので、監禁か殺害する必要はあるにせよね。飛行機爆破してパラシュートで降下ってね。

そしてそして、暗殺者がそのカメラマンそっくりに整形しちゃってるんですよね。ミッションインポッシブルではそっくりの仮面をかぶって変装しますが、ここでは顔を完全に丸コピーの整形ですよ。暗殺請け負った人も人です。顔が完全に買えちゃって、あなたの人生大丈夫?って心配になっちゃいますね。。

別シーンでは、キムもやばいですね。キムの友人はもっとやばいけど、、、もう薬漬けで死んじゃうんじゃないの・・・

ジャック・バウアーはさすが主人公、どんな銃撃戦でも被弾しない。

色々なシーンが展開されていきますが、パーマー議員と奥様のシェリーのラブラブシーンが印象的でした。こんなに仲良かったのかぁ・・・てホノボノしました。

特に大きな動きはないまま、静かに物語が進行していく第二話でした。